報知高校野球1月号2015買った

DSC_0086_R_201412091519018dc.jpg

明治神宮大会も終わって高校野球シーズンも一段落したということで

報知高校野球1月号買ってきた(1週間前に)


DSC_0096_R_20141209151925a0a.jpg

毎年気になっているこの秋報知一押しの選手は表紙にも出ている県岐阜商の高橋純平くん

今となっては高校生でも毎年1人は150キロを投げる投手が出てきますね

現時点で140後半出る選手が多いだけに来年は彼以外に何人くらい出てくるのか楽しみです


DSC_0092_R_20141209151907412.jpg

秋季大会の試合データとその模様

神宮優勝の仙台育英は投打にプロ注目の選手がいて確かに強そうであります

2年前にも神宮では優勝してますけど、それ以上っていうのもあながち大袈裟ではなさそうです

あとは、甲子園でどこまで勝ちきれるかですよね…


DSC_0089_R_201412091519025c1.jpg

東京は2つ前の号で注目選手に挙げられていた二刀流勝俣くん擁する東海大菅生が優勝

二松学舎は準優勝で関東5校目との枠争いになるわけですが

報知の予想だと関東5校目は東海大甲府になっていましたね

個人的に完封負けはマイナスかなと思って平塚学園がくるものと思っていましたが

関東・東京の最後の6枠目はどうなるのか、ここは毎年意外とわからないものですw


DSC_0095_R_201412091519230f8.jpg

北信越は敦賀気比が圧倒的だった

同じ甲子園ベスト4でも、主力だった3年生が抜けて北信越にも来られなかった日本文理とは対照的に

気比は相変わらず強いなぁ


DSC_0098_R_201412091519268b0.jpg

まぁ、気比が強いのはなんといってもこの平沼くんが残っているというのが大きいんでしょうけど

試合データを見ると新チームではエースで4番とまさにチームの柱ですね

もちろん平沼くんだけのチームというわけではないと思いますが、

う~ん、良くも悪くもそこがどうしても気になってしまいます


DSC_0090_R_2014120915190462e.jpg

近畿地区の優勝は天理…でしたが、個人的に注目はついに壁を破った同じ奈良の奈良大付

某ドラフトサイトでエースの坂口くんがなかなかの好評価だったので今回こそはもしやと思っていました

今年は同じようにあと一歩が多かった東京の二松学舎大付が甲子園出場を果たしたので

もしかしたらそういった学校に甲子園出場の流れが来ているのかもしれませんw


DSC_0091_R_20141209151905223.jpg

九州地区はほぼほぼ下馬評通りの顔ぶれでしょうか

ただ毎年この地区は準決勝でのコールド試合で選考が分からなくなる印象がありますw

誌面に書いてある明豊が準決勝コールド負けの九産大九州を押しのける可能性は確かにありそうですね

その明豊に延長で競り勝った糸満と優勝した九州学院が1点差の接戦だったので個人的に明豊有利かなと思いますが…

来年どういう選考になるのかここも楽しみです


DSC_0094_R_20141209151922250.jpg

最後に今号の各10地区の注目選手

遊学館の捕手高本くんがいました

来年は星稜よりも遊学館のほうがなんとなく力はありそうな気はしますが

石川県民(今は一応東京都民)としては総合力の高い方に頑張ってもらって甲子園で勝ってほしいものです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
【サクラノ詩】応援中!